聖ヨハネ会St. John's Congregation

福音史家聖ヨハネ布教修道会The Missionary Sisters of St. John the Evangelist

2019年 聖ヨハネ会の誓願式


 1 0月26日は本会の誓願式でした。今回は初誓願・銀祝・金祝・ダイアモンド祝と多くのお祝いが重なりました。私たちの会にとって本当に恵みの時でした。修練期を終え、奉献生活の道を歩み始めたばかりの姉妹、シスターアンドレア金ミリは、ご両親は会には出席できませんでしたが、出身教会である、府中教会の方々と共に祝うことが出来たのはこれからの歩みに大きな力となると思います。新しいシスターの誕生は菊地大司教様もおっしゃっておりましたが、教会の宝です。教会の娘として、まっすぐに主とともにカリスマを共に生きていきたいと、会員は新たに自分の誓願も思い起こしたことと思います。銀祝・金祝・ダイヤモンド祝と25年・50年・60年と長きにわたり奉献生活を歩んできた姉妹たちのお祝は、いつも、主の恵みの歴史だと思います。いろいろとあった中、主とともに歩んだ歴史なのです。それこそ、雨の日も晴れた日も、主の愛を感じ元気に働けたときも、元気がなくなり悩んでいるときも主とともに歩んだのです。  

 誓願式の後はヨハネ館で小さな懇親会を開かせていただきました。多くの方々が集まってくださり、ヨハネ館はあふれんばかりでした。大司教様のごあいさつ、加藤神父様の乾杯と会は進む中、当会の志願者.修練者による歌とダンスがあり、元気いっぱいでお祝いのシスター方を祝っております。私たちの会の事業体であるヨハネ学園利用者さんにより歌もありました。これは恒例で皆がともに楽しみにしております。笑顔いっぱいで「おめでとう」と言って下さる姿が、私たちの会のカリスマの姿が、この利用者さんたちとの関わりの中にあります。短い時間でしたが、恵みをもらい、新たな歩みを一歩踏み出した一日でした。
Comments

2018年10月誓願更新式と誓願式

2018年10月19日誓願更新式
2018年10月20日誓願式


 今年の誓願式は、初誓願や終生誓願はありませんでしたが、銀祝と金祝の姉妹たちのお祝いがありました。二人の姉妹と共に、長い奉献生活の歩みに感謝した一日でした。二人の姉妹とも、長い間病院で奉仕してきましたし、また奉仕しております。私たちのカリスマである、病める人々のために働いてきましたし、働いております。金祝を迎えたシスター大屋は病院の師長として多くの患者さんに接し、また多くの看護師の教育にも携わってきました。大きな体で?優しくおおらかに患者さんと接している姿は、お母さんという感じでした。お年寄りの患者さんも子供になったように甘えている姿があり、先生方のいうことを聞かない患者さん達には根気よく、また時には厳しく接していました。そのようなシスター大屋ですから、看護師に対しても厳しくまた優しい存在だったと思います。今は忍野の共同体で、陰から学園の利用者さんたちのために祈り働いております。銀祝を祝った、シスター篠原は入会が遅く、若い人の間できっと苦労なさったのではと思っております。彼女は、病院でコツコツと心も体も病んでいる人が少しでもより良く過ごせるように、日々働いております。医師でも看護師でもないので、患者さん方は本当の姿を彼女の前で表していることがあります。そのような時、彼女は根気よく話を聞き、ともに祈り勇気を与えています。私たちの奉仕には、種々の形がありますが、イエス様が大切にされたように私たちも病める人を大切にする、私たちの模範はイエス様の姿です。しかし、私たちは人間ですので弱い時もあります。25年・50年という奉献生活の歩みの中では、挫折や悲しみや喜びなど色々なことがあったと思います。そんな時にもきっといつも、イエス様と共に歩んでこられたので今日という日を迎えることが出来たのだと思います。

そして、前日の私たちの誓願更新の中で、修練期に入った姉妹がおります。私たちの会では初めてのベトナムから来た姉妹です。シスターピアと修道名をもらい、これから多くの先輩姉妹の後姿を見ながら、歩み始めたところです。これからが本当の主と共に歩む道だと思います。金祝や銀祝の姉妹のように多くの出来事の中にイエス様の姿を見、多くの経験を通して成長していく、そして共同生活を通して真の奉献生活を体験していくのです。私たちの共同生活は「神の国」の証とよく言われます。生まれも育った環境も違う人が、同じカリスマのもと兄弟姉妹として歩むのです。すべてを越えて、一つになるのです。確かにこれは理想です。現実は、姉妹を受け入れられない時や大切にできない時もあります。しかし、そこにとどまっているのではなく、神様に力をもらいながら、姉妹同士手を取り合って、歩んでいくのです。聖ヨハネ会の姉妹となったシスターピアもまた金祝・銀祝を祝った姉妹も、聖ヨハネ会の姉妹が一つになって神の国のために、同じ道を転びながらも歩んでいくのだと確信した日でもあります。

多くの人々に感謝し、教会と共に喜びを分かち合った一日でした。

Comments

2017年聖ヨハネ会の誓願式

2017年10月21日誓願式

誓願式
 1021日は、本会の誓願式でした。この日、一人の修道者が生涯、神と共に歩むことを正式に、教会を通して宣言いたしました。それと、もう一人は、誓願を宣立して25年を祝いました。二人にとっては、キリストとの歩みの中での一つの大切なときです。終生、生涯神と共に歩み、3つの誓願のもと共同生活をしてキリストと歩む、最後の決断の時です。私たちの生活は、一生決断をしなければならないのですが、この日の決断はきっと最後の神が呼ばれるその日までの大切な決断の基礎だと思います。終生誓願を立てたシスター桑葉は、大きな障害と共にすべてを神様に捧げました。聴覚が不自由である彼女にとって、共同生活はきっと大きな十字架であると思いますが、また、大きな恵みの場でもあると思います。それは、彼女だけではなく、かの女を受け入れる共同体も同じです。恵みをいただいて、私たちがモットーとしている、弱い人々のためにキリストと共に歩んでいく道でもあると思います。私たちの会は病める人弱い立場の人々への奉仕の会です。私たち自身も、弱く貧しい私たちですが、彼女と共にキリストとともに歩むことを再確認しました。同じ場所で、最も再確認をし、初心を思い出したのが25周年銀祝を祝ったシスター三ケ部だと思います。25年は、振りかえると決して短い道ではなかったと思います。主が招いて下さり、初めての誓願を立ててから25年です。高齢者・障がい者とに、人々と共に歩んだ道です。彼女は、小金井カトリック教会で初代主任のムーニ神父様に声をかけていただき、この会を知ったそうです。
この日、私たちの会は大きな喜びをいただいたことはもちろんですが、新たに神の御国のために、主とともに働く人となるため、一粒の麦になることを確信した日でもありました。
司式して下さった神父さま方、ご出席して下さった方々、ご家族の方々、いろいろな方々に感謝を込め、主の恵みを祈りたいと思います。
Comments

2016年の誓願更新式と誓願式

2016年10月21日誓願更新式 2016年10月22日誓願式

誓願式
  1022日は、私たちの会の誓願式でした。初誓願を立ててから50年・60年のお祝いの式です。メインは50年の金祝・60年のダイヤモンド祝のお祝いでした。シスターコレタ鳥飼迪子が50年・シスターマルタ満岡妙子が60年のお祝いです。50年といえば半世紀です。本当に長い間、神様と一緒に歩まれた姉妹方を見ていると、神様の栄光を感じます。それと、神様からの恵みがあふれているのを感じました。50年・60年と簡単に言いますが、苦しい時も、悲しい時も、もしかしたら、やめたい時もあったかもしれません。しかし、それ以上に神様の恵みが深く、苦しみや悲しみを喜びに、やめたい気持ちに自信を神様はきっと与えてくださったと思います。彼女たちの生活を見ていると、神の働きがわかります。お二人とも、目立つ方ではありません。与えられた仕事をこつこつとなさる方です。
 今年は教皇様が「いつくしみの特別聖年」をお開きになり、1120日で終わります。御父のように私たちは周りの人びと接していくことの大切さを説きました。仲良しや、私たちによくしてくれる人と接するのは簡単です。しかし、私とあわない人ともキリストのように接する。恵がなければできません。それで「いつくしみの特別聖年」のロゴには3つの目があるのだと思います。2つめの「目」で、主と共に人を見ていく時、きっとキリストのように見えてくることでしょう。この二人は60年・50年きっとキリストと共に利用者さん・職員・黙想に来る方々、姉妹たち、いろいろな人々とを見てきたことと思います。本当に、ヨハネ会にとって喜びの日でした。

Comments

2015年誓願式

24日(土)14:00~カトリック小金井教会にて東京教区・幸田司教様司式による初誓願式のミサが行われました。 
 初誓願のお恵みを頂いた姉妹はミャンマー出身であり、式にはミャンマーからはるばる2人の神父様がお越しくださいました。他に共同司式をして下さった神父様もベトナム、イタリア、オーストラリアの出身であること、初誓願者の姉妹がお世話になっている東京教区のミャンマー共同体の皆様の大勢の参列もあったこともあり国際色豊かな雰囲気に包まれました。東京教区とミャンマー教区の信仰共同体が未来に向けてよりよい関係が更に築いていけるようにと願いました。
 神様への強い憧れと、善良な人々との出会いに恵まれて、本会へと導かれ、今日の日まで誠実に歩んできた姉妹たちが、聖霊に導かれ、いつくしみ深い主の愛に満たされて、奉献生活を深めていくことができますようにと祈りました。

Comments

2014誓願更新と誓願式

10月24日(金)19:00~聖体賛美式の中で誓願更新が行われ、25日(土)14:00~ダイヤモンド祝、金祝、有期誓願を更新する姉妹の為に、カトリック小金井教会 主任司祭ディン神父様司式による誓願記念ミサが行われました。 
 神様への強い憧れと、善良な人々との出会いに恵まれて、本会へと導かれ、今日の日まで誠実に歩んできた姉妹たちが、聖霊に導かれ、いつくしみ深い主の愛に満たされて、奉献生活を深めていくことができますようにと祈りました。

 多くの方々が参加してお祈りくださり、感謝と喜びに満たされた1日でした。

更新式と請願式2014年-HD 720p from Seiyohanekai on Vimeo.
Comments
See Older Posts...