聖ヨハネ会St. John's Congregation

福音史家聖ヨハネ布教修道会The Missionary Sisters of St. John the Evangelist

忍野への旅・志願院と修練院 2018年8月14日~15日



 今年も夏の合宿として、志願院・修練院は忍野修道院を訪ね、山中湖に行きました。14日は残念ながら富士山は雲に隠れて見えませんでしたが、お天気はよく、サイクリングを満喫しました。湖から吹いてくる涼しい風と美しい緑の木々に囲まれ、とても素敵な、ゆったりとした時間を過ごさせていただきました。初めて、白鳥の形をした遊覧船にも乗り、山中湖を外からと湖の中から眺めることができました。
 帰りには、桂川で遊び、ひんやりと冷たい清らかな水から立ち上る霧の中、なんともいえない不思議な空間で神秘的な美しさを体感し、全身清らかな水にすっぽりと包まれ、夏の暑さを忘れました。
 翌朝、815日は聖母被昇天の祭日に当たり、富士吉田教会の内藤神父様司式によるミサに与らせていただきました。内藤神父様には初めてお会いしました。内藤神父様ありがとうございました。
また、二人の志願者の霊名の祝日と忍野修道院のシスターの修道名の祝日にも当たりみんなでお祝いをしました。
14日には、姿を隠していた富士山も被昇天の15日の朝には美しい姿をみせてくださり、神様からの贈り物と心から感謝しました。
聖母マリア様とともに、これからも、どんなことがあっても、日々の喜び、悲しみ、苦労もすべて神様への信頼のうちに委ねて歩んでいきたいと願っています。忍野修道院のシスター方私達を快く受け入れてくださり本当にありがとうございました。

♪なぜ めぐり逢うのかを 私達は なにも知らない
♪いつ めぐり逢うのかを 私達は いつも知らない
♪どこにいたの 生きてきたの 遠い空の下 ふたつの物語
♪縦の糸はあなた 横の糸は私 織りなす布は
♪いつか 誰かを 暖めうるかもしれない
(中嶋みゆき「糸」から)

20188月盛夏
志願院 修練院
Comments

忍野への旅-志願院と修練院 2017年8月12日~14日




忍野への旅-志願院と修練院

2017812日~14



812日~14日かけて、私たち志願院と修練院のメンバーは、忍野修道院を訪ね、13日には、忍野八海と山中湖に行きました。お天気は、曇り、時々雨、時々晴れと何でもあるお天気でした。残念ながら富士山は見えませんでしたが、忍野のきれいなすがすがしい空気を胸いっぱいに吸い、よく歩き、美しい自然の中で、神様を賛美しました。

812日(土曜日)曇り時々晴れ

 午後1時ごろ、武蔵小金井駅を出発。富士山駅には午後4時ごろ到着。ゆっくりとバスに乗ったり、散策しながら忍野修道院へ向かいました。富士聖ヨハネ学園の入り口に着くと、桂川の清らかな流れが今年も私たちを出迎えてくれました。ふと空を見上げると雲間に美しい青空が広がっていました。

夕方には、学園の利用者の皆様と一緒に、主日のミサに預かり利用者さんの「アーメン」の声が響き渡り、まっすぐに天に届いているのを感じました。

813日(日曜日)曇り時々雨

朝、8時に忍野修道院を出発。曇ってはいるものの歩きやすいお天気に恵まれ、忍野八海に行きました。忍野八海の池は深く清らかで、覗き込むと、吸い込まれそうな神秘的な雰囲気が漂っていました。水も空気も澄んでいるせいか、咲いている花々がとても美しいと感じました。

忍野八海から、ふじっこ号というバスに乗り山中湖を目指しました。この頃から雨が降り出し、バスの中からしばらく山中湖を見学しました。

雨が止んだ頃にバスを降り、湖畔を散策しました。富士山の姿は見えませんが、湖の向こう側には雄大な富士山の裾野が広がっているのが分かりました。白鳥がゆったりと水上を移動し、遠くには遊覧船も見えます。

本当は、山中湖を自転車で一周する予定でしたが、雨が降りそうでしたのでしばらく湖畔を歩きました。神様のお創りになった大自然に包まれ、なんともいえない解放感と安らぎを満喫しました。この日のお昼は、山梨名物の“ほうとう”を頂きました。

814日(月)曇り

朝、富士吉田教会の森田神父様司式のごミサに与り、ミサの後神父様からは、「若い皆さん、頑張ってね!」と励ましのお言葉を頂きました。

9時頃、大変お世話になった忍野修道院のシスター方とお別れし、帰途に着きました。忍野修道院のシスター方本当に有難うございました。



あなたの天を あなたの指の業を わたしは仰ぎます。

月も星もあなたが配置なさったもの。

そのあなたが 御心にとめてくださるとは

        人間は 何ものなのでしょう。 詩編8,4-5

                                               神に感謝! 志願院 修練院
Comments

山梨2015年1月



富士山と共に、忍野村からこんにちは
(あした)に仰ぎ、夕べに仰ぎ見る富士山は「おらが富士山!!」と親しんでいます。積もった雪を吹き飛ばして、その雪ん子が、忍野村に降ってくる日もあります。

・富士山といつも一緒!!
優しい、美しい時ばかりでなく、厳しい山の姿を見せてくれる時もありますが、泰然としてそびえ立っているその姿に教えられながら日々を過ごすことのできる喜び、感謝、賛美、忍耐、希望の毎日です。


・創造主のみ業の素晴らしさの前にちっぽけな自分ですが、その御手に抱かれながら、神の懐に帰りゆくその日まで、自分の弱さをお捧げしつつ歩み続けたいと思っています。
Comments

忍野八海ハイキング




813日に、忍野八海に行きました。富士聖ヨハネ学園の裏側の山道から東海自然歩道を歩いて、約2時間、忍野八海に到着。自然歩道では美しい野の花や珍しい草花に出会いました。心地よい木漏れ日をいっぱいに浴びて心身ともに癒され、神様への賛美の歌を歌いながら、ゆっくりと歩き続けました。

忍野八海では、残念ながら富士山は見えませんでしたが、青く深く澄んだ湧く池をはじめ、7つの池を見ました。富士山の雪解け水が80年もかかって、ここ忍野八海に到達し、とめどなく湧き出しているのだと資料館のおじさんが教えてくださいました。

忍野修道院に宿泊し、翌日は工事中の富士聖ヨハネ学園を見学しました。そして、ルルドのマリア様の前で、工事が無事に終わり学園の利用者さん、職員の方々が無事に引越しをすることができるように祈りました。

忍野は水清く、草花は生き生きと咲き、さわやかな風が吹いています
たくさんの恵みをいただいて、帰途に着きました。
忍野修道院のシスターの皆様、本当に有難うございました。
                                                                        聖ヨハネ会 修練院
Comments
See Older Posts...