聖ヨハネ会St. John's Congregation

福音史家聖ヨハネ布教修道会The Missionary Sisters of St. John the Evangelist

2018.5.3 忍野遠足

 去るGW、2018年5月3日に修練院、教会の青年と共に山中湖~忍野修道院へ日帰り旅行に出かけました。  
 当日はまさかの悪天候の予報があり、はらはらしながら当日を迎えました。ほぼ始発の時間帯にそれぞれの家から出発。猛風に吹かれ、雨に打たれながらも高尾駅で待ち合わせをしました。乗車してからはだんだん雨も弱まり、高尾~大月~富士山駅に着く頃には晴れ間も見られるようになりました。そこから、バスで山中湖を目指しました。山中湖ではサイクリングを予定していましたが、降り立った時には、霧雨と風が残っており断念しなければならないかな…と一同、あきらめムードでお土産屋さんで雨宿りをしていました。皆の祈りが通じたのか…何と、晴れ間が…!!多少の霧雨もありましたが、せっかくここまできたからにはとサイクリングに挑みました。すると、不思議なことに走り始めると徐々に雨もやみ、日差しを感じるほどに天気が回復しました。風があったため、雲の流れも良く、山中湖を一周回る中で富士山もちらちらっと姿を見せてくれ皆でその姿に一喜一憂しながら14kmの道のりを1時間半かけて完走しました。普段の運動不足を解消でき、爽快なサイクリングとなりました。サイクリング中、子どもたちとすれ違った時に「マザーテレサだ!」と言われました。最近の人にとって「マザーテレサ」は具体的な存在であり身近に感じられる存在なのでしょうね。「シスター」が身近で親しみを持って頂ける存在となれるよう普段の生活で証しをしていかなければ…と思わされる出来事でした。   
 その後、バスに乗り、お昼に忍野修道院へ到着しました。姉妹の皆さんが美味しいカレーライスとサラダ、忍野修道院名物コーヒーゼリー(アイス付き)を用意してくださっていました。振り返ると、私がはるか昔…入会前に初めて小金井の本部修道院を訪問したときに頂いた昼食もカレーライスとアイスでした。その時には具体的に入会といった気持ちはなかったのですが(知り合いになったシスターをたまたま訪ねました)、そのカレーライスとアイスがご縁となりヨハネ会とのお付き合いが始まったのだな~としみじみと思い出されました。  
 その後、ヨハネ学園の遠藤園長よりヨハネ学園の精神や大切にしている心、知的障害福祉について示唆に富むご講話を頂きました。「障害者」という人間は存在せず、障害のある「人」を支えるのが私たちの使命であること、人生=生活であること、最後の最後までその人らしく人生を歩みきるためにどのような関わりを紡いでいくことができるか…、当たり前の毎日に感謝しながら、喜びも悲しみも共に歩んでいく。そういった人生を共に歩む姿の在り様を遠藤園長のお話しを通して深く考えさせられました。  
 富士山を見上げながら神様の創られた大自然の恩恵を感じつつ、分かち合いを通して心身ともにリフレッシュした旅となりました。  
 忍野修道院姉妹の皆さま、遠藤園長、丁寧なご準備とご対応を頂き心より感謝申し上げます。
Comments

2015年9月27日富士聖ヨハネ学園祭




去る2015927日(日)富士聖ヨハネ学園祭が開催されました。
当日は空模様が心配されましたが、雨は降らず、すがすがしい忍野の初秋の空気を感じることができました。東京方面から信徒有志の皆様と大型バスを貸しきっての訪問をさせて頂き、和気あいあいとした雰囲気の中、大変充実した一日となりました。新しい建物になってからの初めての学園祭であり、新建物を眺めつつ、屋外の様子も広々としており開放感がありました。模擬店は、学園内の関係者、近隣の福祉関係の事業所、教会関係(東京・麹町、富士吉田等)等が軒をつらね、創意工夫されたお食事、お菓子、物品(リサイクル品から、自家製野菜まで)が販売されていました。すばらしい品揃えと、心からのおもてなしに触れ、大変くつろがさせて頂きました。初めて東京から参加された信徒の友人からは「ここに来させていただいて、とてもいやされました。」との感想を頂きました。
神の愛にすっぽりと包まれているヨハネ学園の皆様の上に神様の祝福と守りがより豊かにありますようにお祈り申し上げます。
感謝のうちに。
Comments

ヨハネ学園の竣工式 2015年4月10日





ヨハネ学園の竣工式が、去る4月10日新しい建物のソフィアホールにて行われました。当日、法人、施設関係等の大勢の皆様に出席して頂き



第一部、  祝福式には、横浜教区教区長 梅村司教様、富士吉田教会の森田司祭様をお招きし、新しい建物の祝福をして頂き

第二部、   竣工式にて工事の経過報告、ご来賓の方からの祝辞等を頂き、その後施設内の内覧をし

第三部、  祝賀会と盛況のうち無事終了することができました。



経過報告の中のお話でもありましたが、着工から約2年かかり、工事中は、大きな岩盤が出たり、昨年の大雪に見舞われるなどいろいろな事がありましたが、工事関係者の皆様のお力により予定通り昨年度末完成、この4月無事 竣工式を迎えることができました。



今回、建てかえによりすばらしい建物が出来上がりました。 
これからは、それにふさわしい中身を作っていくことが求められ
私たち職員は、より良い支援を目指し、日々努力をしていかなければならないと思っております。
Comments

山梨2015年1月



富士山と共に、忍野村からこんにちは
(あした)に仰ぎ、夕べに仰ぎ見る富士山は「おらが富士山!!」と親しんでいます。積もった雪を吹き飛ばして、その雪ん子が、忍野村に降ってくる日もあります。

・富士山といつも一緒!!
優しい、美しい時ばかりでなく、厳しい山の姿を見せてくれる時もありますが、泰然としてそびえ立っているその姿に教えられながら日々を過ごすことのできる喜び、感謝、賛美、忍耐、希望の毎日です。


・創造主のみ業の素晴らしさの前にちっぽけな自分ですが、その御手に抱かれながら、神の懐に帰りゆくその日まで、自分の弱さをお捧げしつつ歩み続けたいと思っています。
Comments

2014年9月25日学園祝別式



9月25日富士聖ヨハネ学園の建物が完成し、祝別式が行われました。 司式は、カトリック富士吉田教会主任司祭 森田 満義師でした。利用者さん達の部屋は全室個室で、周りは緑に囲まれ落ち着いた雰囲気でした。これから、利用者さん達の移動があり、その後、古い建物が撤去され、来年春頃、竣工式が行われる予定です。
Comments

2014年8月24日「 富士吉田教会皆様との交流会を終えて 」



 2014 824日(日)、私達は、カトリック富士吉田教会にて、9時30分のミサ後、神父様、信徒の皆様との交流会を行いました。

 先ず、総長シスタ一池田からの挨拶の後、DVD 富士聖ヨハネ学園の歩み 」を鑑賞していただき、その後の茶話会では神父様、30数名の信者さん、シスタ一8名と、和やかな恵みのひと時を過ごすことができました。

 富士聖ヨハネ学園が、八王子の甲の原から山梨県忍野村に移転をして来て40年。その歩みをDVDを通してふり返りながら、富士聖ヨハネ学園が皆様方に見守られて、現在ここに在ることへの感謝を新たにいたしました。

 本交流会にあたり、快いご承諾と信徒の皆様へのお知らせ、準備等を含め、細やかに心温まるご配慮、ご協力をいただきました森田神父様、そして信徒の皆様に心より感謝申し上げます。

 交流会を終えての帰途で眺めた富士山は素晴らしいでした。神に感謝。


 聖ヨハネ会


Comments

忍野八海ハイキング




813日に、忍野八海に行きました。富士聖ヨハネ学園の裏側の山道から東海自然歩道を歩いて、約2時間、忍野八海に到着。自然歩道では美しい野の花や珍しい草花に出会いました。心地よい木漏れ日をいっぱいに浴びて心身ともに癒され、神様への賛美の歌を歌いながら、ゆっくりと歩き続けました。

忍野八海では、残念ながら富士山は見えませんでしたが、青く深く澄んだ湧く池をはじめ、7つの池を見ました。富士山の雪解け水が80年もかかって、ここ忍野八海に到達し、とめどなく湧き出しているのだと資料館のおじさんが教えてくださいました。

忍野修道院に宿泊し、翌日は工事中の富士聖ヨハネ学園を見学しました。そして、ルルドのマリア様の前で、工事が無事に終わり学園の利用者さん、職員の方々が無事に引越しをすることができるように祈りました。

忍野は水清く、草花は生き生きと咲き、さわやかな風が吹いています
たくさんの恵みをいただいて、帰途に着きました。
忍野修道院のシスターの皆様、本当に有難うございました。
                                                                        聖ヨハネ会 修練院
Comments

2014年6月富士聖ヨハネ学園の自然と花



 「だから、言っておく。自分の命のことで何を食べようか何を飲もうかと、また自分の体のことで何を着ようかと思い悩むな。命は食べ物よりも大切であり、 体は衣服よりも大切ではないか。空の鳥をよく見なさい。種も蒔かず、刈り入れもせず、 倉に納めもしない。だが、あなたがたの天の父は鳥を養ってくださる。あなたがたは、鳥よりも価値あるものではないか。 あなたがたのうちだれが、思い悩んだからといって、寿命をわずかでも延ばすことができようか。」
(マタイ6章25節‐27節)
Comments

2014年6月富士聖ヨハネ学園の旅



6月17日~19日迄、職員にDVD「富士聖ヨハネ学園の歩み」を上映するため忍野を訪問しました。学園は改築工事が進んでいます。又、富士北麓支援センターが出来上がり、利用者さん達はいろいろな作業をしたり、ギターを弾きながら楽しそうに歌っている方もあり軌道にのっていました。工事を撮影しながら自然をよく味わいましたが、残念ながら富士山は顔を出してくれませんでした。
Comments

2014年6月8日(日)聖ヨハネ会70周年記念日の交流会



6月8日(日) 11:20a.m.~ カトリック小金井教会の方々との交流会が行われました。

梅雨に入り雨模様にも関わらず、聖ヨハネの兄弟姉妹会の方々も多数来て下さり、参加者は約100名でした。前日、フランスから帰国した方が、時差がありお疲れにも関わらず駆けつけて下さり、その熱意に感激いたしました。

総長のあいさつの後、DVD「富士聖ヨハネ学園の歩み」を上映し、その後、展示してある富士聖ヨハネ学園の写真を見ながら、茶話会をいたしました。


DVDの間には、笑い声が響き、和気あいあいとした雰囲気の中で恵みの時を過ごすことができましたことを感謝いたしております。
Comments

2014年6月8日 創立70周年記念日

聖ヨハネ会創立記念行事



内容

•     dvd  観賞(42分)(富士聖ヨハネ学園の歩み
 •     展示会
皆様お誘い合わせの上
ぜひご参加くださいますように。


”富士聖ヨハネ学園の歩み”というDVDから



Comments

清瀬聖ヨハネケアービレッジ・中清戸と清瀬聖ヨハネ支援センターの開所式 10月2日




(福)聖ヨハネ会 障害者地域生活支援センターが、知的障害者のグループホーム
「清瀬聖ヨハネケアービレッジ・中清戸」(14名定員)、及び日中活動の場「清瀬聖ヨハネ支援センター」(20名定員)を、10月1日より開所致しました。 
聖ヨハネ会障害福祉部門の東京地区事業として、山梨の都外施設「富士聖ヨハネ学園」と連携しながら利用者さんたちの地域生活への移行を進めており、今回10名の方達が学園から引っ越して参りました。 又、市内からは4名の方が入所されました。
10月2日、清瀬カトリック教会主任司祭、伊藤敦神父様の司式により、両事業所の
建物の祝福と開所式を行いました。 あいにくの雨天にも関わらず、清瀬市長はじめ、お世話になりました沢山の方々にご列席頂き、利用者さん、ご父兄、職員一同 共に、これからの生活を、心から感謝し祝うことができました。
障害を負いながらも懸命に生きている利用者さんたちが、一日も早く新しい生活に
慣れ、清瀬のホームが安らかな我が家となるよう、又、日中活動の場では、彼らが持てる力を精一杯発揮し自立した生活を送れるよう、一同 全力を尽くし支援して参りたいと存じます。
 これからも、皆様のお祈りとお支えをよろしくお願い致します。
                            感謝の内に
                                         2013年10月15日



Comments

富士聖ヨハネ学園の改築工事の起工式 2013年8月8日

富士聖ヨハネ学園の改築工事に当り、8月8日学園の中庭にテントを張って起工式が執り行われました。 司式は、カトリック富士吉田教会 主任司祭 森田満義師でした。
Comments

第37回富士聖ヨハネ学園祭開催



7月21日(日)山梨県忍野村にある富士聖ヨハネ学園http://www.seiyohanekai.or.jp/fuji/ にて第37回富士聖ヨハネ学園祭が開催されました。
 
   当日は小金井市桜町の本部からシスターズ、関係者含め14名が伺いました。日差しも強く、夏らしい気温となりましたが、東京とくらべ湿気もなく日陰に入ると涼しく過ごすことができました。
 
   模擬店も、ヨハネ学園以外に近隣地域から多くの出店があり、購入するのに目移りしてついつい財布のひもがゆるんでしまいました。東京からは聖イグナチオ教会の支援グループの皆さんも出店して下さっていました。
 
   ヨハネ学園の売り場では、元気な学園手作り野菜(ねぎ、ニンジン等々)が売られていました。恒例の園生さん手作り食器も健在でした。
 
   ステージでの出し物も充実しており、園生さんたちの和太鼓は圧巻でした!!
参加しているお一人お一人が楽しそうに過ごされており、神様の恵みと祝福を感じる素晴らしい一日となりました。
Comments
See Older Posts...