聖ヨハネ会St. John's Congregation

福音史家聖ヨハネ布教修道会The Missionary Sisters of St. John the Evangelist

2018年2月3日~4日本会の召命黙想会




  201823日(土)~4(日)本会主催の召命黙想会が‘慈しみ深い主の招きに応えて歩む’というテーマでカルメル会の福田正範師指導のもと小金井市の聖霊修道院のマリア館で行われました。前日には雪が降りかなり寒い天候にもかかわらず、全員早目の到着で参加者の皆さまの熱意が感じられました。
 
  講和では、弟子の召し出しの聖書の箇所が紹介されました。

イエスがシモンとシモンの兄弟アンデレが湖で網を打っているのを「御覧になった。」この「御覧になった。」というのは、私たちの全てを見通して、十把一絡げではなく、一人一人との出会いを大切にされて呼びかけられたということです。

聖書には簡単な書き方で大事なことだけを記し細かい描写はしていない。だからこそ、時代を超えてベストセラーでもあり、私たち人間のありようが示され味わい深いのではないでしょうか。

イエスの招きが実現するためには、イエスの後に従うことが求められており「自分を捨て、自分の十字架を背負って私に従いなさい。」と聖書を通して語りかけておられます。

また、マリアは天使のお告げで人間的には恐れを感じました。マリアの人生は想定外のことばかりでしたが、自分が考えたようにではなく神のみ心を生きられました。先に身ごもっていたエリザベトはマリアに「神のご計画に従いなさい。」と促しました。神のみ業に目を留めたマリアにとってエリザベトはよき理解者であったことでしょう。
 
  今回は、皆さま初参加でしたが、静かな環境の中で共に祈り、温かい雰囲気の中で黙想会を行うことができました。終了後、聖ヨハネ会修道院に移動し、本会紹介のDVD鑑賞、お茶を飲みつつ分かち合いをしました。とても和やかな集いとなり時間が経つのも忘れるほどでした。その後は、本部修道院で聖体訪問後、桜町病院の見学をしました。たまたま、ある修道会のブラザーが入院されており訪問することができました。次のことを話され、講和とよく似た内容でまさに聖霊の導きを感じました。
 
 「皆さんは信仰の模範であるマリア様のように生きなさい。『どうして?どうして?』とわからないこと、試練があるかもしれません。今、試練の中にいるかもしれません。どうぞマリア様から学んで下さい。神のご計画に従い、神を証する生き方です。」皆さま、頷いて聴き入っていました。その後、無事にそれぞれの岐路につかれました。
 
  ご指導下さったカルメル会・福田神父様、黙想の家でお世話下さった聖霊会のシスター方、スタッフの皆様に心より感謝申し上げます。


Comments

1泊2日の黙想会



Eメール:sisternakamura@gmail.com
Comments

2017年2月11日(土) ~12日(日)召命黙想会

去る2017年2月11日(土) ~12日(日)までの1泊2日、聖霊修道院 マリア館 黙想の家(小金井市)にて福田 正範神父様 (カルメル会)のご指導のもと“主の招きに応えて歩む道”―天の父の愛を運ぶ人に―というテーマで召命黙想会が行われました。

黙想会では主に、沈黙の祈りの中で食卓を囲み、神父様の講話を聴き、各自で個人の黙想、希望者には神父様、シスターとの面談を行いました。黙想会後には、ヨハネ会の本部修道院で分かち合いと茶話会も行い楽しいひと時も過ごしました。1泊2日という短い時間ではありましたが充実した祈りの時を過ごすことができました。

この現代社会、「主の招きに応えて歩む道」とは何かを今回の黙想を通してあらためて深めることができました。

それは、「もし、神が私たちの味方であるなら・・・(ローマの信徒への手紙8章.3139節)」とありますが、その「味方」というのは私にとって都合のよい表面的な「味方」ではないということです。私の個人的な思い、希望をかなえてくれる存在ではないのです。信仰の面からみれば、私にとっての困難、不幸(8.35節)と思われることでも神の救いの中の出来事であるということです。その出来事を「恵み」として捉えることによって、私をいつも見守って下さる神のみ顔とそのいつくしみ深いまなざしに気づくことができるのかもしれません。敵対する悪の力とは、このような外からくる困難、不幸な出来事ではなく、自分の内からくる自己中心的な考え方(自分の基準で人を裁く、自分の努力次第で何とかなる等)から次第に「神から離れたい、神なんていない、神がいなくても大丈夫」と思わせる力なのだと思います。現代社会の砂漠において、主の招きに応え、天の父の愛を運ぶこととは、このような神の救いの神秘を心に刻みつけ、主を慕いつつ、病める人、悩み苦しむ人々と共に歩み続けることなのではないでしょうか。私たちは主の招きに応えて歩む実りとして平安の恵みを頂きます。本当の平安に至る道とは自分に軸を置いている生き方=自分の努力でつかみ取る生き方ではなく、イエス様そのものが道となって御父のもとに連れて行ってくださることを心から信じる道なのだと思います。「私は道であり、真理であり、命である。(ヨハネ14章.6節)」

ご指導頂いた福田正範神父様、ご協力頂いた黙想の家の聖霊会のシスター、スタッフの皆様方に心より感謝申し上げます。参加された皆様のこれからの歩みの上に聖霊の導きが豊かにありますように、アーメン。



*参加者 ~信徒・4名 準志願者・2名 有期誓願者・1名 スタッフ3名


Comments

1泊2日の黙想会

1泊2日の黙想会

“主の招きに応えて歩む道”
―天の父の愛を運ぶ人に―
2017年2月11日(土)15:00 12日(日)15:00

指導  : 福田 正範 師 (カルメル会)
主催  : 福音史家聖ヨハネ布教修道会 
場所  : 聖霊修道院 マリア館 黙想の家(小金井市)
対象  : 未婚の女性信徒(40歳位迄)
持参品 : 筆記用具、洗面具、寝間着
参加費 : 3,000
問い合わせ・申し込み: 住所・氏名・年齢・所属教会を明記の上
2017年 2月3日(金)までに下記へ、郵便、ファックス、又は
 Eメールでお申し込みください。
〒184-0005
東京都小金井市桜町1-2-20 
          福音史家聖ヨハネ布教修道会
          Sr.中村喜美子 
    Tel :042-383-8527
    Fax:042-383-7492

    Eメール: sisternakamura@gmail.com
Comments

2015年聖ヨハネ祭

今年のヨハネ祭はまた「東日本大震災支援」というテーマで開催された。
 長い期間を掛けて準備された多くの人々の心には、年半前の3月11日に起きた未曽有の大震災と言われた、あの凄い光景がまざまざと映っていたに違いない。
 復興の一助になればと、そして、被災された人々の心に希望の灯が点されるようにと....。そんな想いが天に通じたのか、澄み渡る紺碧の空が輝いた。私たちの心にも輝いた。
 バザーのテーマにのっとって一円でも多くの売り上げを送りたいと、そんな気持ちが弾みを生み、お客様方に届いたのか、売り手と買い手の心が一つに結ばれ、食品も、衣類も、雑貨も飛ぶように売れた。
「これ下さい。」「有り難うございます。」と交わす言葉の裏には、亡くなられた方々、今だに行方不明になっている方々の霊を弔い、ご家族の方々への励ましがこだましていた。
 ヨハネ祭にご協力下さった多くの方々に感謝いたします。

 
Comments

召命黙想会 2015年2月6日〜2月8日


去る2015年2月6日〜2月8日小金井聖霊会・黙想の家にて本会の召命黙想会が
行われました。レデンプトール会の萩原義幸神父様にご指導して頂きました。
2月の寒い時期ではありましたが、黙想者の熱心な祈りのうちに寒さも吹き飛ぶ?雰
囲気の中無事に終えることが出来ました。

〜生涯をかける生き方 「渇くものは誰でも私のもとに来て飲みなさい。」ヨハネ
7:37〜を黙想会のテーマとして各自参加者は祈りを深めました。

沈黙の中、講話・面接・会の霊性を紹介するDVD観賞を通して、人間として、キリ
スト者として、奉献生活者としての神さまからの根本的な招きとは何か、その招きに
生涯をかけるとはどういうことかを聖霊の助けを通して気づかせて頂いた黙想会と
なったように思います。

ご指導頂いた萩原義幸神父様、お世話になった小金井聖霊会・黙想の家のシスター、
スタッフの方々に改めて感謝申し上げます。

 「頂いても頂かなくても恵みです。」主の恵みはいつも絶えず私たちのうちに私た
ちの間に充満しているのです。そのことに絶えず気づける恵みを願いつつ…感謝と祈
りのうちに、アーメン。
Comments
See Older Posts...