聖ヨハネ会St. John's Congregation

福音史家聖ヨハネ布教修道会The Missionary Sisters of St. John the Evangelist

カトリック府中教会バザー2019年



去る10/20(日)、カトリック府中教会にてバザーが行われました。雨続きの不安定な気候の中でしたが、当日はお天気に恵まれ大盛況のうちに無事に終えることができました。模擬店では、例年通りに多国籍の美味しい料理が提供されました。今年は新しくハワイ料理が登場しました!おなじみの韓国料理チヂミもあり、片っ端から食べていくと...お腹が大変なことになりますが(笑)、バザーでもありますしついつい食べ過ぎてしまいます!他には、ベトナム雑貨、手作り手芸品、観葉植物、私たち聖ヨハネ会のブースでは例年通りの手作りお菓子・カード・手芸品等々を用意させて頂きました。聖堂内では、ミニコンサートもありました。美味しい香りと、素敵な音楽に誘われてご近所の方々も訪問して下さり、地域の皆様との良い交流もできました。バザーという場は、普段教会に関心があっても入りづらい方には敷居が低くなり入りやすくなる場となるようです。教会バザーは、地域の皆様との交流の場、また同時に世界の隣人にも心を向けるよい機会となります。今回の売り上げは、府中市社会福祉協議会とチャイルドファンドジャパンを通して貧しい国の子ども達に寄付させて頂きます。今回のバザーの実行委員会の皆様、おつかれさまでした。また、ご参加下さった全ての皆様に神さまの祝福が豊かにありますように...✝
Comments

2018年カトリック府中教会のバザー

去る、20181028日(日)10301330までカトリック府中教会で毎年恒例のチャリティーバザーが開催されました。去年は大雨に見舞われる天気でしたが、今年は晴天に恵まれ、前日の準備も問題なく行うことができました。

 当日は、今年も国際料理ブース(フィリンピン、ペルー、韓国、日本)が設置され、バラエティ豊かでお腹いっぱいに楽しめました!

また、雑貨部門ではフリーマーケット、手作り手芸品、私たち聖ヨハネ会コーナーなどなど…充実した品揃えとなりました。私たち聖ヨハネ会コーナーでは、前日にカップケーキ・クッキーなどを小金井修道院、志願者さんのご協力を頂きたくさん作ることができました。他には恒例の手作りカード・便箋や手芸品などシスターたちが心をこめて準備してきた作品もお目見えして、信者さんたちが一つ一つ手にとりながら真剣に選んで購入して下さいました!

 子ども達のためには、恒例の無料わたがしコーナーが設置され、自分たちで作る楽しみもあり、何度もわたがし作りを楽しむ姿が微笑ましかったです。また、輪投げゲームや、割り箸鉄砲を工作したりとレクリエーションコーナーでも子ども達が和気あいあいと楽しんでいました。

12時~聖堂内で、今年初めての試みでコンサートが開催されました。芸達者の皆さまが(コーラス、アコーディオン、ヴァイオリン、ギター、ピアノ、歌等々)素敵な音楽を奏でて下さいました。主任のアンドレア神父様もイタリア語での美声を披露して下さり信徒一同への嬉しいプレゼントとなりました!

今年の収益金は、チャイルド・ファンド・ジャパン、府中社会福祉協議会、被災地南相馬ボランティアセンターに寄付されます。皆さまお疲れ様でした!!


Comments

聖ヨハネ祭2018年



 今年もバザーの為に、皆で姉妹の絵をもとに作った色々な作品や、レースのしおり、クリスマスの編み物などを作り、前日には、カップケーキなどお菓子作りに励みました。
当日は、 朝、少し雨が降っていましたが、9時ごろには太陽が出て良いお天気となり、多くの方が来て下さり盛況でした。
病院では医療相談。会場には先生のギターに合わせての志願者の歌声が響き、恒例の太鼓の演奏など、楽しい一日となりました。今年も売り上げは、東日本大震災被災地に送られることになっています。皆さまのご協力に心から感謝いたしております。
Comments

2017.10.22(日)カトリック府中教会  バザー開催


2017.10.22(日)カトリック府中教会 バザー開催

テーマ「世界は一つの家族 やさしさを手から手へ」で行われました。
~主任司祭 レンボ・アンドレア神父様より~

「私たちがこの世に生まれたということは、神が私たち一人ひとりを愛している証しです。神に愛されていることを知った私たちは、神を愛し、自分自身を愛し、そして隣人を愛して生きる道に招かれています。親子の愛、夫婦の愛といった愛の関係は、わたしたちの文化や習慣になじんでいます。しかし、隣人というときに、わたしにとって身近な人という限定はありません。隣人を愛するということは、その瞬間、わたしの隣りにいる人を愛することだと思います。『やさしさを手から手へ』とは、神に愛されている故に愛し合うこと、助け合うこと、支えあうこと、そのように生きていくことだと思います。」と述べられています。府中教会はヨハネ会の府中共同体が所属させて頂いている小教区です。ミラノ外国宣教会の神父様方が歴代主任司祭を務められています。そのため、国際的であり家庭的な共同体です。バザー当日はまさかの台風接近による大雨により準備や本番も皆びしょぬれでのぞみましたが、不安な気持ちが吹き飛ぶほどの楽しく温かな雰囲気の中、室内での催しを行うことができました。ご近所の方もわざわざ来てくださり、府中教会が地域の一員として受け入れて頂いていることをバザーの活動を通して感じることができました。府中教会名物の多国籍料理などがあるので、気づいたらお腹はいっぱい、お財布は空っぽ?なんてこともあるのですが、皆さまの腕によりをかけたお料理の数々は飛ぶように売れました!もちろん、恒例の手づくり品も充実していました。収益金は、チャイルド・ファンド・ジャパン(ネパールの子ども支援のため)及び府中市社会福祉協議会に寄付されました。をこれからもカトリック教会の一員として私たち聖ヨハネ会員も府中教会の皆さまと手を取り合って、目に見える隣人、目に見えない隣人へ神さまの愛を伝えていくという使命を果たしていきたいと気持ちをあらたにしました。皆さま、本当にお疲れさまでした!神に感謝。
Comments

2017年10月8日 桜町聖ヨハネ祭 開催


2017108日 桜町聖ヨハネ祭 開催

去る2017108日小金井市聖ヨハネ会本部敷地内で桜町聖ヨハネ祭が開催されました。ここ数年、始まる前後に雨模様の天気に見舞われていたため、今年も天気予報を気にしながら祈りつつ準備を進めておりました。当日は朝から快晴に恵まれ準備も快調に進みました。
 
 当日は朝から快晴のためか開始前から長蛇の列ができており市民の皆さまが心待ちにしてくださっているのが伝わってきました。

例年通りの各事業所の専門相談窓口(医療、薬剤、栄養、健康、医療福祉、介護、認知症等々)が設けられました。また、出店の種類では、地域の福祉団体、教会関係の支援団体、国際支援団体等がありました。私たち修道院のブースでは毎年恒例の、手作りカード、しおり、ケーキ等のおかし、ジャム、北海道フェア、手作り雑貨、食器等々…充実した品揃えを提供することができました。準備から当日のスタッフに至るまでボランティアの皆さまの力強いお助けにより今年も飛ぶように市民の皆さまにお買い上げ頂きました。

今年の売り上げも例年通り東北震災支援に寄付させて頂く予定となっております。私たちの小さな働きが東北の支援活動をされている皆様へ、また被災された皆さまの復興のために何かしらの力となることができるよう、祈りと願いをこめて。

関係者の皆さま、お疲れ様でした!

『私たちの働きは 大海のなかの一滴にすぎません 
けれども もしその一滴がなければ 大海となりえません ~マザーテレサ~』


Comments

2016年聖ヨハネ祭バザー

2016聖ヨハネバザー from Seiyohanekai1 on Vimeo.

10月9日(日)聖ヨハネ祭バザーが行われました。当日は、雨が心配されましたが、天気に恵まれ多くの方々が来て下さり、盛況でした。子供達は、汽車に乗って大喜び、手作りの品や修道院あちこちのクッキー、富士聖ヨハネ学園の利用者さん達の作品など、皆様のご協力により、良いバザーだった事を感謝しています。収益金は、東北復興支援の為に用いられます。
Comments

2015年聖ヨハネ祭

今年のヨハネ祭はまた「東日本大震災支援」というテーマで開催された。
 長い期間を掛けて準備された多くの人々の心には、年半前の3月11日に起きた未曽有の大震災と言われた、あの凄い光景がまざまざと映っていたに違いない。
 復興の一助になればと、そして、被災された人々の心に希望の灯が点されるようにと....。そんな想いが天に通じたのか、澄み渡る紺碧の空が輝いた。私たちの心にも輝いた。
 バザーのテーマにのっとって一円でも多くの売り上げを送りたいと、そんな気持ちが弾みを生み、お客様方に届いたのか、売り手と買い手の心が一つに結ばれ、食品も、衣類も、雑貨も飛ぶように売れた。
「これ下さい。」「有り難うございます。」と交わす言葉の裏には、亡くなられた方々、今だに行方不明になっている方々の霊を弔い、ご家族の方々への励ましがこだましていた。
 ヨハネ祭にご協力下さった多くの方々に感謝いたします。

 
Comments

2015年9月27日富士聖ヨハネ学園祭




去る2015927日(日)富士聖ヨハネ学園祭が開催されました。
当日は空模様が心配されましたが、雨は降らず、すがすがしい忍野の初秋の空気を感じることができました。東京方面から信徒有志の皆様と大型バスを貸しきっての訪問をさせて頂き、和気あいあいとした雰囲気の中、大変充実した一日となりました。新しい建物になってからの初めての学園祭であり、新建物を眺めつつ、屋外の様子も広々としており開放感がありました。模擬店は、学園内の関係者、近隣の福祉関係の事業所、教会関係(東京・麹町、富士吉田等)等が軒をつらね、創意工夫されたお食事、お菓子、物品(リサイクル品から、自家製野菜まで)が販売されていました。すばらしい品揃えと、心からのおもてなしに触れ、大変くつろがさせて頂きました。初めて東京から参加された信徒の友人からは「ここに来させていただいて、とてもいやされました。」との感想を頂きました。
神の愛にすっぽりと包まれているヨハネ学園の皆様の上に神様の祝福と守りがより豊かにありますようにお祈り申し上げます。
感謝のうちに。
Comments

2014年10月26日 カトリック府中教会のバザー


 きたる1027()11001330 府中教会にて「子どもたちの笑顔 輝く未来へ 支援を必要とする子どもたちのために」というテーマで秋のチャリティーバザーが行われました。収益金はチャイルド・ファンド・ジャパンを通じてフィリピンの子どもたちのためと富士聖ヨハネ学園のために寄付されます。
 
 当日は天候の心配もなく、朝からさわやかな秋晴れに恵まれました。模擬店は、国際料理(日本、インドネシア、韓国、フィリピン)、手作り品、日用雑貨、手作り菓子、飲み物、綿菓子などが出店されました。ヨハネ会のブースでは、手作り品(新作のマカロニ天使・クッキー・手芸品・カード等)、北海道物産食品等々…出させて頂きました。ほとんど完売となり、皆様のご協力に感謝です!

 府中教会ならではの国際色豊かな交流の場となりました。地域の方々も多く来場してくださり、大盛況のうち無事に終えることができました。
また来年に向けて商品開発?にいそしみつつ…楽しんで準備していきたいと思います。

主任司祭のマウリッツィオ神父様、バザー実行委員の皆様、一緒に出店した皆様、ご来場頂いた皆様に心より感謝申し上げます。府中教会の上に神様の豊かな恵みと祝福がありますように…。


Comments
See Older Posts...