聖ヨハネ会St. John's Congregation

福音史家聖ヨハネ布教修道会The Missionary Sisters of St. John the Evangelist

聖ヨハネ祭2018年



 今年もバザーの為に、皆で姉妹の絵をもとに作った色々な作品や、レースのしおり、クリスマスの編み物などを作り、前日には、カップケーキなどお菓子作りに励みました。
当日は、 朝、少し雨が降っていましたが、9時ごろには太陽が出て良いお天気となり、多くの方が来て下さり盛況でした。
病院では医療相談。会場には先生のギターに合わせての志願者の歌声が響き、恒例の太鼓の演奏など、楽しい一日となりました。今年も売り上げは、東日本大震災被災地に送られることになっています。皆さまのご協力に心から感謝いたしております。
Comments

府中教会・夏の練成会 2018年8月24~25日


府中教会・夏の練成会

2018年8月24~25日まで府中教会の子どもたちと夏の練成会を行いました。宿泊先は府中教会・主任司祭(ミラノ会の管区長兼任)アンドレア・レンボ神父様のご厚意により、多摩市連雀にあるミラノ外国宣教会の本部を使わせて頂きました。
教会学校スタッフ、神父様と準備を重ねながら初めての試みでこの錬成会を企画しました。
当日は午後の14時に府中教会に集合し、子ども6名・大学生リーダー2名・スタッフ3名・神父様と計12名でミラノ会本部に出発しました。
 1日目は、14:30到着オリエンテーション→すいか割り→夕食→自由時間→花火(4名が合流)→お祈り→入浴→就寝の流れとなりました。あっという間に初日が終わりスタッフ達も安心してミーティング後に床に就きました。
 2日目は、朝食7:30→ミサ→バーベキュー(車で10分先の大戸谷公園キャンプ練習場にて)10:00~14:00→本部に戻り片づけと休憩16:00出発→16:30府中教会に到着。
2日目には2家族が加わりさらに楽しく充実した時間を過ごすことができました!1~2日にかけて、総勢25名の参加となりました。そして6つの国籍の皆さんが集い国際色豊かな府中教会らしい集まりとなりました!年齢も2歳~大人までと幅広く、教会家族、福音家族の豊かさ、喜びを感じることができました。
神父様が「5つのパンと2匹の魚」の福音を今回の練成会のテーマとしてとりあげ、子どもたちにお話し下さいました。神さまの目に見えない計算方法は人間の目に見える計算方法とは全く異なり、惜しみなく皆と分かち合えば分かち合うほど豊かになり、心も体も満ち溢れるほどの喜びで満たしてくださるのです。イエスさまは今回の練成会を通して子どもたち1人1人の心に「喜び」という恵みの種を蒔いて下さったと思います。もちろん、大人スタッフの私たちも同じお恵みを頂きました!
この錬成会のために物心共にご協力・ご支援下さった関係者の皆さまに心より感謝申し上げます。お1人お1人の上にいつくしみ深い神様の恵みと祝福が豊かにありますように、お祈り申し上げます。感謝と祈りをこめて…✙

Comments

2017.10.22(日)カトリック府中教会  バザー開催


2017.10.22(日)カトリック府中教会 バザー開催

テーマ「世界は一つの家族 やさしさを手から手へ」で行われました。
~主任司祭 レンボ・アンドレア神父様より~

「私たちがこの世に生まれたということは、神が私たち一人ひとりを愛している証しです。神に愛されていることを知った私たちは、神を愛し、自分自身を愛し、そして隣人を愛して生きる道に招かれています。親子の愛、夫婦の愛といった愛の関係は、わたしたちの文化や習慣になじんでいます。しかし、隣人というときに、わたしにとって身近な人という限定はありません。隣人を愛するということは、その瞬間、わたしの隣りにいる人を愛することだと思います。『やさしさを手から手へ』とは、神に愛されている故に愛し合うこと、助け合うこと、支えあうこと、そのように生きていくことだと思います。」と述べられています。府中教会はヨハネ会の府中共同体が所属させて頂いている小教区です。ミラノ外国宣教会の神父様方が歴代主任司祭を務められています。そのため、国際的であり家庭的な共同体です。バザー当日はまさかの台風接近による大雨により準備や本番も皆びしょぬれでのぞみましたが、不安な気持ちが吹き飛ぶほどの楽しく温かな雰囲気の中、室内での催しを行うことができました。ご近所の方もわざわざ来てくださり、府中教会が地域の一員として受け入れて頂いていることをバザーの活動を通して感じることができました。府中教会名物の多国籍料理などがあるので、気づいたらお腹はいっぱい、お財布は空っぽ?なんてこともあるのですが、皆さまの腕によりをかけたお料理の数々は飛ぶように売れました!もちろん、恒例の手づくり品も充実していました。収益金は、チャイルド・ファンド・ジャパン(ネパールの子ども支援のため)及び府中市社会福祉協議会に寄付されました。をこれからもカトリック教会の一員として私たち聖ヨハネ会員も府中教会の皆さまと手を取り合って、目に見える隣人、目に見えない隣人へ神さまの愛を伝えていくという使命を果たしていきたいと気持ちをあらたにしました。皆さま、本当にお疲れさまでした!神に感謝。
Comments

2016年カトリック府中教会のバザー



2016年10月30日(日)カトリック府中教会でバザーが行われました。朝方まで雨が降るのでは?と心配しましたが、バザーの時間になると少し寒さはあったものの、ちょうど良い天気になりました。

府中教会は様々な国の方々がいらっしゃるので、国際色豊かなブースが並びました。日本・インドネシア・韓国・フィリピンの料理、イタリアのワイン、綿菓子、雑貨、手作り品などがありました。中でも料理ブースはどれも美味しいものばかりで、あっという間に完売しました。美味しかった~!
聖ヨハネ会ブースではシスター作の便箋、しおり、カード、手作りケーキ、ジャム、マカロニ天使、手芸品、北海道特産品が並び、たくさんの方々が購入してくださいました。ありがとうございました!!

イベントもあって、子供たちのための「英語で遊ぼう」、フィリピンの伝統舞踊が披露されました。フィリピンの伝統舞踊は体や手にココナッツの殻?をつけて、叩いて音を鳴し、時には他の人についている殻を叩いて、音楽と殻の音が合わさったダイナミックな踊りでした。

子供たちは綿菓子を片手に教会学校のブースで思いっきり遊んでくれました。教会学校ブースには松ぼっくりツリーを飾るコーナーと輪投げ、玉入れコーナーがありました。輪投げ、玉入れコーナーでは参加すると飴がもらえましたが、途中からは飴関係なく全て入れてみたい~と諦めず何度も何度も並んでチャレンジしてくれました。子供たちがとても楽しんでくれて、何より嬉しかったです。

今回のバザーに参加して、エネルギッシュな府中教会の皆様と子供たちから元気と笑顔をたくさんいただき、みんなで支え合おうという優しく温かい心を感じました。誰かのために始めたはずが、むしろ私たちの方が神様から素晴らしい恵みをいただいた気がします。これから出会う人々にも分かち合うことができますように…。

マウリツィオ神父様、府中教会の皆様、バザーに参加された全ての方々、そして、無事にバザーが開催できるように見守ってくださった神様に感謝です!

(府中教会のバザーは100%チャリティーバザーで、チャイルド・ファンド・ジャパン、マララ基金(マララ・ファンド)府中社会福祉協議会に寄付されます。)

Comments

2014年10月26日 カトリック府中教会のバザー


 きたる1027()11001330 府中教会にて「子どもたちの笑顔 輝く未来へ 支援を必要とする子どもたちのために」というテーマで秋のチャリティーバザーが行われました。収益金はチャイルド・ファンド・ジャパンを通じてフィリピンの子どもたちのためと富士聖ヨハネ学園のために寄付されます。
 
 当日は天候の心配もなく、朝からさわやかな秋晴れに恵まれました。模擬店は、国際料理(日本、インドネシア、韓国、フィリピン)、手作り品、日用雑貨、手作り菓子、飲み物、綿菓子などが出店されました。ヨハネ会のブースでは、手作り品(新作のマカロニ天使・クッキー・手芸品・カード等)、北海道物産食品等々…出させて頂きました。ほとんど完売となり、皆様のご協力に感謝です!

 府中教会ならではの国際色豊かな交流の場となりました。地域の方々も多く来場してくださり、大盛況のうち無事に終えることができました。
また来年に向けて商品開発?にいそしみつつ…楽しんで準備していきたいと思います。

主任司祭のマウリッツィオ神父様、バザー実行委員の皆様、一緒に出店した皆様、ご来場頂いた皆様に心より感謝申し上げます。府中教会の上に神様の豊かな恵みと祝福がありますように…。


Comments

カトリック府中教会に於てのDVD観賞会

去る7月6日(日)カトリック府中教会に於いてDVD「富士聖ヨハネ学園の歩み」と題して、観賞会と茶話会がマウリッチオ神父様のご快諾を頂き、聖ヨハネ会ススターズによって行われた。 AM8:00とAM10:00のごミサ後、上映会には合計約80名程の方々が参加して下さった。
 
Comments
See Older Posts...