聖ヨハネ会St. John's Congregation

福音史家聖ヨハネ布教修道会The Missionary Sisters of St. John the Evangelist

2018年2月3日~4日本会の召命黙想会




  201823日(土)~4(日)本会主催の召命黙想会が‘慈しみ深い主の招きに応えて歩む’というテーマでカルメル会の福田正範師指導のもと小金井市の聖霊修道院のマリア館で行われました。前日には雪が降りかなり寒い天候にもかかわらず、全員早目の到着で参加者の皆さまの熱意が感じられました。
 
  講和では、弟子の召し出しの聖書の箇所が紹介されました。

イエスがシモンとシモンの兄弟アンデレが湖で網を打っているのを「御覧になった。」この「御覧になった。」というのは、私たちの全てを見通して、十把一絡げではなく、一人一人との出会いを大切にされて呼びかけられたということです。

聖書には簡単な書き方で大事なことだけを記し細かい描写はしていない。だからこそ、時代を超えてベストセラーでもあり、私たち人間のありようが示され味わい深いのではないでしょうか。

イエスの招きが実現するためには、イエスの後に従うことが求められており「自分を捨て、自分の十字架を背負って私に従いなさい。」と聖書を通して語りかけておられます。

また、マリアは天使のお告げで人間的には恐れを感じました。マリアの人生は想定外のことばかりでしたが、自分が考えたようにではなく神のみ心を生きられました。先に身ごもっていたエリザベトはマリアに「神のご計画に従いなさい。」と促しました。神のみ業に目を留めたマリアにとってエリザベトはよき理解者であったことでしょう。
 
  今回は、皆さま初参加でしたが、静かな環境の中で共に祈り、温かい雰囲気の中で黙想会を行うことができました。終了後、聖ヨハネ会修道院に移動し、本会紹介のDVD鑑賞、お茶を飲みつつ分かち合いをしました。とても和やかな集いとなり時間が経つのも忘れるほどでした。その後は、本部修道院で聖体訪問後、桜町病院の見学をしました。たまたま、ある修道会のブラザーが入院されており訪問することができました。次のことを話され、講和とよく似た内容でまさに聖霊の導きを感じました。
 
 「皆さんは信仰の模範であるマリア様のように生きなさい。『どうして?どうして?』とわからないこと、試練があるかもしれません。今、試練の中にいるかもしれません。どうぞマリア様から学んで下さい。神のご計画に従い、神を証する生き方です。」皆さま、頷いて聴き入っていました。その後、無事にそれぞれの岐路につかれました。
 
  ご指導下さったカルメル会・福田神父様、黙想の家でお世話下さった聖霊会のシスター方、スタッフの皆様に心より感謝申し上げます。


Comments

福音史家聖ヨハネ布教修道会マザー岡村ふくPart2

Comments

1泊2日の黙想会



Eメール:sisternakamura@gmail.com
Comments

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。


Comments

福音史家聖ヨハネ布教修道会マザー岡村ふくPart1

Comments

福音史家聖ヨハネ布教修道会からクリスマスおめでとうこさいます


クリスマスおめでとうこさいます
“いと高きところには神に栄光
地には善意の人々に平和"
(ルカ2 : 14)


Comments

2017年聖ヨハネ会の誓願更新式

2017年10月20日誓願更新式
Comments

2017年聖ヨハネ会の誓願式

2017年10月21日誓願式

誓願式
 1021日は、本会の誓願式でした。この日、一人の修道者が生涯、神と共に歩むことを正式に、教会を通して宣言いたしました。それと、もう一人は、誓願を宣立して25年を祝いました。二人にとっては、キリストとの歩みの中での一つの大切なときです。終生、生涯神と共に歩み、3つの誓願のもと共同生活をしてキリストと歩む、最後の決断の時です。私たちの生活は、一生決断をしなければならないのですが、この日の決断はきっと最後の神が呼ばれるその日までの大切な決断の基礎だと思います。終生誓願を立てたシスター桑葉は、大きな障害と共にすべてを神様に捧げました。聴覚が不自由である彼女にとって、共同生活はきっと大きな十字架であると思いますが、また、大きな恵みの場でもあると思います。それは、彼女だけではなく、かの女を受け入れる共同体も同じです。恵みをいただいて、私たちがモットーとしている、弱い人々のためにキリストと共に歩んでいく道でもあると思います。私たちの会は病める人弱い立場の人々への奉仕の会です。私たち自身も、弱く貧しい私たちですが、彼女と共にキリストとともに歩むことを再確認しました。同じ場所で、最も再確認をし、初心を思い出したのが25周年銀祝を祝ったシスター三ケ部だと思います。25年は、振りかえると決して短い道ではなかったと思います。主が招いて下さり、初めての誓願を立ててから25年です。高齢者・障がい者とに、人々と共に歩んだ道です。彼女は、小金井カトリック教会で初代主任のムーニ神父様に声をかけていただき、この会を知ったそうです。
この日、私たちの会は大きな喜びをいただいたことはもちろんですが、新たに神の御国のために、主とともに働く人となるため、一粒の麦になることを確信した日でもありました。
司式して下さった神父さま方、ご出席して下さった方々、ご家族の方々、いろいろな方々に感謝を込め、主の恵みを祈りたいと思います。
Comments

2017.10.22(日)カトリック府中教会  バザー開催


2017.10.22(日)カトリック府中教会 バザー開催

テーマ「世界は一つの家族 やさしさを手から手へ」で行われました。
~主任司祭 レンボ・アンドレア神父様より~

「私たちがこの世に生まれたということは、神が私たち一人ひとりを愛している証しです。神に愛されていることを知った私たちは、神を愛し、自分自身を愛し、そして隣人を愛して生きる道に招かれています。親子の愛、夫婦の愛といった愛の関係は、わたしたちの文化や習慣になじんでいます。しかし、隣人というときに、わたしにとって身近な人という限定はありません。隣人を愛するということは、その瞬間、わたしの隣りにいる人を愛することだと思います。『やさしさを手から手へ』とは、神に愛されている故に愛し合うこと、助け合うこと、支えあうこと、そのように生きていくことだと思います。」と述べられています。府中教会はヨハネ会の府中共同体が所属させて頂いている小教区です。ミラノ外国宣教会の神父様方が歴代主任司祭を務められています。そのため、国際的であり家庭的な共同体です。バザー当日はまさかの台風接近による大雨により準備や本番も皆びしょぬれでのぞみましたが、不安な気持ちが吹き飛ぶほどの楽しく温かな雰囲気の中、室内での催しを行うことができました。ご近所の方もわざわざ来てくださり、府中教会が地域の一員として受け入れて頂いていることをバザーの活動を通して感じることができました。府中教会名物の多国籍料理などがあるので、気づいたらお腹はいっぱい、お財布は空っぽ?なんてこともあるのですが、皆さまの腕によりをかけたお料理の数々は飛ぶように売れました!もちろん、恒例の手づくり品も充実していました。収益金は、チャイルド・ファンド・ジャパン(ネパールの子ども支援のため)及び府中市社会福祉協議会に寄付されました。をこれからもカトリック教会の一員として私たち聖ヨハネ会員も府中教会の皆さまと手を取り合って、目に見える隣人、目に見えない隣人へ神さまの愛を伝えていくという使命を果たしていきたいと気持ちをあらたにしました。皆さま、本当にお疲れさまでした!神に感謝。
Comments

2017年10月8日 桜町聖ヨハネ祭 開催


2017108日 桜町聖ヨハネ祭 開催

去る2017108日小金井市聖ヨハネ会本部敷地内で桜町聖ヨハネ祭が開催されました。ここ数年、始まる前後に雨模様の天気に見舞われていたため、今年も天気予報を気にしながら祈りつつ準備を進めておりました。当日は朝から快晴に恵まれ準備も快調に進みました。
 
 当日は朝から快晴のためか開始前から長蛇の列ができており市民の皆さまが心待ちにしてくださっているのが伝わってきました。

例年通りの各事業所の専門相談窓口(医療、薬剤、栄養、健康、医療福祉、介護、認知症等々)が設けられました。また、出店の種類では、地域の福祉団体、教会関係の支援団体、国際支援団体等がありました。私たち修道院のブースでは毎年恒例の、手作りカード、しおり、ケーキ等のおかし、ジャム、北海道フェア、手作り雑貨、食器等々…充実した品揃えを提供することができました。準備から当日のスタッフに至るまでボランティアの皆さまの力強いお助けにより今年も飛ぶように市民の皆さまにお買い上げ頂きました。

今年の売り上げも例年通り東北震災支援に寄付させて頂く予定となっております。私たちの小さな働きが東北の支援活動をされている皆様へ、また被災された皆さまの復興のために何かしらの力となることができるよう、祈りと願いをこめて。

関係者の皆さま、お疲れ様でした!

『私たちの働きは 大海のなかの一滴にすぎません 
けれども もしその一滴がなければ 大海となりえません ~マザーテレサ~』


Comments
See Older Posts...