聖ヨハネ会St. John's Congregation

福音史家聖ヨハネ布教修道会The Missionary Sisters of St. John the Evangelist

2020年2月22日~23日まで本会の召命黙想会が行われました。例年通り会場は小金井市の本部近くの聖霊修道院の黙想の家をお借りしました。 参加者は4名、修練者2名、スタッフ3名の計9名でした。 今年は天気に恵まれ2日間とも冬の清々しい空気と暖かで柔らかい日の光の中、落ち着いた黙想の時を持つことができました。 この度は、東京教区・星野正道神父様にご指導頂きました。~いつくしみ深い主の招きに応えて歩む~のテーマでご指導を頂きました。 沈黙の祈りの他、朝の祈り・晩の祈り・聖体礼拝など日常的に修道院で行う共同の祈りを参加者の皆さんと共にしました。 召命とは召された命=life(命・生活・人生)をどのように生きるのかということです。神様から与えられたその人だけのかけがえのないlifeを他者のためではなく自分のためだけに使ってしまう時、神の神殿として創造された私たちは(1コリント3.9~17)壊れていきます。人間である私たちは他の被造物をお世話するために(創世記1章)創られた存在です。福音書(例えばルカ4.16~19)における貧しさとはなんでしょうか。物質的に貧しいことをいっているのでしょうか。現代社会においては、ただお腹を満たすだけのパンを与えるのではなく、その人の尊厳を取り戻すための関わりをどのようにもっていくかが大切です。例えば、経済格差の底辺で圧迫されている人に対して「あなたは大切な存在です。」とイエス様のみ心を施しではなく、招くという関わりの中で伝えていくことが私たちの召命を生きることになるのではないかと思いました。 現代の成果主義(例えばアンケートなど、他者からの評価が物差しとなる例)の世の価値観を超えて奉献生活者には結果を顧みず困難に苦しむ他者のため、また被造物に対して全力でlifeを注ぎ込む生き方が求められているのだと思います。生きることの価値を他者と関わり分かち合うことを通して、イエス様が私たちのために十字架上で奉献して下さったことを今一度深く心に留め今年の四旬節の回心への歩みを踏みしめていきたいと思います。 皆さんの2日間祈りきった顔には清々しく爽やかな笑顔が溢れていました。 参加された皆様に主のいつくしみ深い招きがありますことを心よりお祈りいたします。お世話頂いた聖霊会のシスター方、星野神父様のご指導に心より感謝申し上げます。 聖ヨハネ会
Comments

一白黙想会へのお誘い


Comments

2019年に感謝を込めて

Comments

CHRISTMAS 2019年

Comments

2019年11月16日の聖ヨハネの兄弟姉妹会の交流会



 聖ヨハネの兄弟姉妹会の集いが、1116日に行われました。10時から加藤神父様司式でミサが行われ、その後、小金井修道院の図書室で、DVD 「聖ヨハネ会創立75周年」と「聖ヨハネ会の若者たち」を上映し、茶話会でお互いに分かち合いました。いつも本会の為に祈りと、日々の生活の中で本会の精神を生きておられる方々と楽しいひと時を過ごすことができ感謝致しました。


Comments

聖ヨハネ会の若者達 2019年

聖ヨハネ会の若者達 from 聖ヨハネ会 on Vimeo.

Comments

2019年 聖ヨハネ会の誓願式


 1 0月26日は本会の誓願式でした。今回は初誓願・銀祝・金祝・ダイアモンド祝と多くのお祝いが重なりました。私たちの会にとって本当に恵みの時でした。修練期を終え、奉献生活の道を歩み始めたばかりの姉妹、シスターアンドレア金ミリは、ご両親は会には出席できませんでしたが、出身教会である、府中教会の方々と共に祝うことが出来たのはこれからの歩みに大きな力となると思います。新しいシスターの誕生は菊地大司教様もおっしゃっておりましたが、教会の宝です。教会の娘として、まっすぐに主とともにカリスマを共に生きていきたいと、会員は新たに自分の誓願も思い起こしたことと思います。銀祝・金祝・ダイヤモンド祝と25年・50年・60年と長きにわたり奉献生活を歩んできた姉妹たちのお祝は、いつも、主の恵みの歴史だと思います。いろいろとあった中、主とともに歩んだ歴史なのです。それこそ、雨の日も晴れた日も、主の愛を感じ元気に働けたときも、元気がなくなり悩んでいるときも主とともに歩んだのです。  

 誓願式の後はヨハネ館で小さな懇親会を開かせていただきました。多くの方々が集まってくださり、ヨハネ館はあふれんばかりでした。大司教様のごあいさつ、加藤神父様の乾杯と会は進む中、当会の志願者.修練者による歌とダンスがあり、元気いっぱいでお祝いのシスター方を祝っております。私たちの会の事業体であるヨハネ学園利用者さんにより歌もありました。これは恒例で皆がともに楽しみにしております。笑顔いっぱいで「おめでとう」と言って下さる姿が、私たちの会のカリスマの姿が、この利用者さんたちとの関わりの中にあります。短い時間でしたが、恵みをもらい、新たな歩みを一歩踏み出した一日でした。
Comments

誓願更新式2019年


誓願更新式
<聖体賛美式>
20191025日午後7
 1025日に加藤豊神父様司式による誓願更新式が行われました。
その中で、今度修練期を始める志願者の奉献式と、26日に初誓願を立てるシスターの、修道服の祝別も行われました。
 福音書はヨハネの15510節「わたしはぶどうの木、あなたがたはその枝である。人がわたしにつながっていれば、その人は豊かに実を結ぶ」のところが読まれました。
加藤神父様のお話の中で、ぶどうの花は目立たず白い小さな花。しかし、素晴らしい実を結び、人々を豊かにすると、おっしゃいました。
 神に招かれ、聖ヨハネ会を通して、ぶどうの木である主イエス様に結ばれている私たちは、主に結ばれている喜びを深く感じ、又、それだからこそ出かけて行って、その喜びを周りの人々に伝えに行く使命のあることを改めて実感いたしました。
 式の中で、修練期に迎え入れられたシスターは、新しい修道名をいただき、26日に初誓願を立てるシスターは神の恵みに包まれるよう、新しい修道服をいただきました。
誓願を更新した姉妹方も、新たな気持ちで新しい一歩を踏み出す決意を新たにいたしました。恵みの日に心から感謝するとともに、祈りで支えてくださっているすべての恩人の方々の上に神様の祝福を祈りました。

                 福音史家聖ヨハネ布教修道会

Comments

カトリック府中教会バザー2019年



去る10/20(日)、カトリック府中教会にてバザーが行われました。雨続きの不安定な気候の中でしたが、当日はお天気に恵まれ大盛況のうちに無事に終えることができました。模擬店では、例年通りに多国籍の美味しい料理が提供されました。今年は新しくハワイ料理が登場しました!おなじみの韓国料理チヂミもあり、片っ端から食べていくと...お腹が大変なことになりますが(笑)、バザーでもありますしついつい食べ過ぎてしまいます!他には、ベトナム雑貨、手作り手芸品、観葉植物、私たち聖ヨハネ会のブースでは例年通りの手作りお菓子・カード・手芸品等々を用意させて頂きました。聖堂内では、ミニコンサートもありました。美味しい香りと、素敵な音楽に誘われてご近所の方々も訪問して下さり、地域の皆様との良い交流もできました。バザーという場は、普段教会に関心があっても入りづらい方には敷居が低くなり入りやすくなる場となるようです。教会バザーは、地域の皆様との交流の場、また同時に世界の隣人にも心を向けるよい機会となります。今回の売り上げは、府中市社会福祉協議会とチャイルドファンドジャパンを通して貧しい国の子ども達に寄付させて頂きます。今回のバザーの実行委員会の皆様、おつかれさまでした。また、ご参加下さった全ての皆様に神さまの祝福が豊かにありますように...✝
Comments

2019年6月9日75周年の交流会



交流会

  6月9日は創立75周年を記念して、小金井教会の方々や聖ヨハネ兄弟姉妹会の方々と交流会をいたしました。朝から少し霧雨が降っていたので心配しておりましたが、交流会をするときには、晴天と行かなくても、晴れ間が出たときでした。神に感謝です。

 75年の歩みと、今の私たちの修道院の様子を短いDVDにまとめ、上映しました。80人以上の多くのかたがたが集まっていただき、これも、神に感謝です。小金井の修道院の図書室は人であふれました。小金井教会と共に歩んできた歴史が私たちの会にはあります。ともにミサにあずかり、ともにバザーなどの行事に参加し、多くのことを学び、楽しいこともともに過ごしてきました。その歴史でもあります。貧しく、小さな私たちの会の歩みは、神様の恵みなくしてはあり得ません。それを共に実感するときでもありました。そして多くの恩人に助けられてきた歩みでもあります。その感謝をこめて交流会を開きました。

 DVDを見ながら、また展示した写真を見ながら、「あら、シスターは若かったわね」とか、「いろいろあったわね」とか、話に花が咲きました。「○○シスターだわ、大変だったのね」とかと、若い時のシスターを見つけ笑いにも包まれていました。創立当時も若々しいシスターですが、今も見た目は老いていても、中身は若々しく、元気に微笑んでいる姿もご紹介できました。そして、若い志願者、修練者の元気な明るい姿は、集まって生きた人々にきっと、ほほえみと元気を与えてくれたと思っています。

 毎年、新しいDVDを作ることは難しいですが、私たちの会の姿をこれからも紹介し、皆様と共に神様の恵みに感謝する機会を設けたいと思っております。
Comments
See Older Posts...